人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

アラフィフでバスの利便性を初めて知り、生活の一部となった今年の夏

最近では比較的過ごしやすい日もあったりしますが、今年の猛暑という環境の影響で、自宅から事務所の移動で15分も歩くと息も絶え絶え。。。

去年は今年ほどの猛暑じゃなかった気もしますし、何より自宅から事務所は5分ほどの距離だったので、あまり感じていませんでしたが、徒歩で事務所へ到着すると少なくとも20分ほどは何も出来ず、そして能率が上がるまでも時間を要しておりました。

そんな中、仕事が詰まっていたり、急いでいる場合、別に急いでなくても。。。何だかんだとほぼ毎日の事務所への徒歩15分の距離をタクシー移動をしておりました。約3-4分ほどで到着の距離で当然1メーターです。

タクシーメーターは募り料金とは言っても東京都内のタクシー1メーターは730円。土日祝日に関係なく、毎日事務所に行く私としては、単純計算で30回の乗車となるので、21900円の出費。。。(^^;

仕事の能率や時間単価を考慮すると、止むを得ないとは思っていましたが、毎日の移動でのコストとしては気になるところではありました。

バスを利用した経験

ある日、自宅近くにバス停を発見!

幼稚園の頃は六本木に居住しておりましたので、六本木6丁目~高樹町の富士フィルム本社前をバスで定期的に母親と一緒に通園していましたが、それ以来の定期的なバス利用は無く、以降は稀に渋谷に行く際に利用する程度でした。

過去を振り返って、観光バスや空港へのリムジンバスなど以外で、バスを利用した記憶としては35年以上前なので、バスの存在は頭の中には無く、日常的に利用するという選択肢も無かったのですが、この自宅近くのバス停の発見で、リーズナブルなバス生活をするきっかけとなりました。

タクシー利用とほぼ同じ利便性で30%以下のコストのバス移動

タクシーの場合、事務所の目前まで行けるので、徒歩での移動はほぼナシですが、毎日通っている事務所は最寄り駅から2分ほどの場所に位置しております。

当然、バスは最寄り駅には停留所があるので、降車してから事務所までは徒歩となりますが、2分程度であれば苦にならないというか、タクシーとの差としては無視して良いレベルでしょう。

そしてバスの乗車料金は210円!タクシーの1メーター料金730円と比較すると約28%のコストです。利便性は変わらず低価格。往復をバス利用しても、今までと比較すると気にならないコストです。

Suicaでもうチョイ安くなる衝撃

Suicaイメージキャラクターそんなバスの低コスト&利便性を実感しちゃったオヤジとしては、ネットで検索!

なんと交通系の電子マネーSuicaで支払いすると、210円のバス料金が206円になっちゃうコトに衝撃を受けた。その上、私の利用している都営バスに関しては、バス特なるポイントシステム的なものがあり、Suica利用で自動的に適用されて乗車料金が割引されちゃいます。Suicaの利用履歴を確認すると76円、46円そして6円で乗車できてたり…

詳しいシステムは説明が難しいので東京と交通局オフィシャルサイトのをご覧くださいませ(^^; 都電・都バスの新たなサービス

ちなみに東急バスでも類似したサービスもあるようです。

今のところ、ほぼ毎日のようにバスで往復している身としては定期券も視野に入ってますが、気まぐれ&飽き性という性格的な問題を抱えているので、暫くは様子を見てからってコトで(笑)

バス利用で便利なアプリ

バス専用や他の乗換案内アプリもありますけど、今のところコレがイチバン使いやすい無料アプリかな。

無記名Suicaで履歴データの確認には…Suica Readerを愛用しております♪(Androidスマホ専用)


関連記事

Search