人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

中秋の名月が十五夜だと知ったアラフィフの秋

今日は中秋の名月だと、世間で話題になっておりますが、情緒が欠片しかナイ私としては別段、何も意識はしなかったのですが…
知人、友人からのメールやLINEで月見を誘われるので、少しばかり気になり始めております。きっと、仕事の都合もあるので、お誘いはお断りして、今晩はマンションの屋上に上がり、束の間の日常からの逃避をする…かも(笑)

中秋の名月は十五夜の事だった

いつからなのか?十五夜を中秋の名月と呼び始めたのは…完全に今日の今日まで知らなかった(^^;
人生50年ほど生きてきて、きっと社会の常識と言えるようなコト何だと思いますが、マジで知らなかったことが恥ずかしい…と、ほんの少しだけ感じております。
いわゆる、私は厚顔無恥とも言えるかもしれません(笑)

中秋?仲秋?

知らなければ、調べて覚えればイイ派のオヤジとしては、ちょっとばかり調べていたところ。。。「仲秋」と「中秋」の二つの表記があったので、どちらが正解なのかが気になった。

いくつかの説があるようですが、まず「秋」がいつなのか?
ですが、旧暦では7,8,9月を秋としているようで、仲秋は「秋の真ん中の月=旧暦の8月全体」を指すらしく、中秋は「旧暦8月15日」を指すようで、この今日の「ちゅうしゅうの名月」は中秋が正解の模様

最近の国語辞典では、中秋も仲秋も同じ扱いになってるらしいですが、歴史上からはこの説が有力とのコトでした。

ちなみに、中秋の名月は必ずしも満月というワケじゃ無いと言う事も知りました(^^)v

アジア各国でも中秋の名月らしい風習がある

中国、韓国、台湾やベトナムでも似たような風習があるらしい。

日本では、ススキを飾って月見団子などを皿盛りする風習が一般的。。。地方では違うところもあるようですが…
韓国ではサンクスギビングデーっぽい風習らしく、中国では私の大好物「月餅」を送り合うそうで、「月餅」がこの風習の為のモノだと言う事を初めて知りました(笑)

今年は無理にせよ、来年あたりには平安時代の楽しみ方のように、水面に移った中秋の名月を眺めながら舟遊びをするというような粋な過ごし方をしてみたい。。。


関連記事

Search