人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

脱サラしてから1年半

脱サラして会社経営

2016年3月に書いたブログで、サラリーマンに転職しましたが、一年半ほど前に再び会社経営に復帰しました。

いやぁ~、何十年かぶりにお給料を頂く身分となりましたが、想像以上に大変な思いをしました(^^;;

とりあえずはスタッフから1年ほどで部長までには辿り着けました!
とは言っても、社員数は30名ほどの会社だったのと、以前に手がけていた業務内容とほぼ同じだったことが、スムーズなキャリアアップの大きな要因でした。部長。。。って言うのも名ばかりで、給料自体はあまりスタッフと変わらなかったですし、責任と雑用が増えただけのような役職で、周囲から役職で呼ばれるようになっただけ。。。って感じ(笑)

なので、入社してからの給料と、辞める時点での給料には大きな開きはなく、相変わらず辞めるまで生活費は赤字(TT)
貯金を切り崩して1年半を過ごしたので、金銭面ではマイナス。ただ、過去には無かった経験をしたことはプラスになったと思ってます。
辞めるにあたっては、けっこう大変でだったので、これが一番高いハードルだったかも(笑)

会社経営を再開して1年半の現在

サラリーマンを辞めた日の翌日から活動をスタートして、2ヶ月後くらいから実質の営業開始。
約1年間は営業赤字だったので、当然ながら生活費などは引き続き貯金を切り崩したりで何とかかんとか(^^;;
1年半が経過して、やっとのことで最低限の生活が出来る役員報酬を手にすることが出来るようになりましたが、同年代の方々と比較出来るレベルではないので、これからが勝負って感じです。

本当の人間関係が身を救う

会社を始めるにあたっては、金が無い。。。というよりもマイナスからのスタートなので、広告も思うように出せないのですが、以前に付き合っていた広告代理店の担当は、友人と独立して代理店業をしていたので、彼の好意で信用出稿させて貰えたのがラッキーでした。

通常、広告は媒体に掲載される前に全額支払いなのですが、今回は出稿した月末日に支払う約束の当月払いでお願いできました。なので、広告を出したことで得られる収益を広告費として支払えることで運転資金がかなり楽になりました!小心者なので厳選した媒体からはじめて少しづつ増やしていくスタンスなので、大きく数字を伸ばすことは出来なかったですが、万一を考えて過去にないくらいの堅実さでスタートしました(笑)

今回、ここまでこれたのは、彼のお陰が大きいと思ってます。サラリーマンを始めた時、金が無くなってから離れていった人たちも少なくないですが、こんな時に手を差し伸べてくれる方も少なくないことで、仕事の本来の姿としては人と人っていうのを実感しました。

とりあえずは、ベースは出来上がったので、地道に堅実に進んでいけば、それなりに形になるのも見えたので、老体にムチを打って頑張ってみます!


関連記事

Search