人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

メルカリとLINEモールで同じ商品を再出品する方法

多くの方は同じ商品を再出品することは少ないと思いますが、デッドストックを出品しているオヤジにとっては、同じ商品の再出品は結構面倒だったりします。試行錯誤をしながら、アプリを使ってなるべく簡単に出品できる工夫をしてみました。

この方法はiPhoneが前提になっているので、androidをご利用の方は参考程度にしかならないと思いますが、よろしければ目を通して見て下さい。

撮影から写真の加工

撮影はiPhoneのデフォルトのカメラで撮影して、MagicHourでスクエア(正方形)にトリミング(カット)します。iPhoneのカメラでもスクエアで撮影は可能ですが、実際に出品する時にアップするとスクエアになっておらず、元の画像になっているとか、向きが横向きや逆さになることが多かったので、別のアプリ(私の場合はMagicHour)で加工することでイメージ通りに仕上げます。

MagicHourはInstagramのように写真の色や雰囲気を変えることが可能ですが、出品商品に関してはトリミングだけしかしません。出品する商品の写真は、いろんな角度から最低でも3枚以上を撮影して上記の方法で加工して保存します。

Magicour-app

保存した写真をアルバムで管理

iPhoneの写真は「写真」アプリの中に全て保存され、加工した写真はアルバムの「カメラロール」に保存されます。後に、プライベートな写真を撮影したりすると、再出品商品の写真を探すのが大変になるので、新しいアルバムで管理しています。

iPhoneで新しいアルバムを作って管理する

「写真」アプリを起動すると、「アルバム」一覧が表示されますが、画面上部左の「+」をタッチすると「新規アルバム」の名前を入力するダイアログが表示されるので、適当な名前を入力して保存をタッチすると新しいアルバムが作られます。!私の場合は「出品」にしました。

アルバム一覧 新規アルバム

「カメラロール」に入って、先ほど加工した写真を新しいアルバムで管理するには、画面上部右の「選択」にタッチした後に、加工した写真にタッチしていくと右下にチェックマークが入ります。複数を一度にチェックできるので、必要な写真すべてにタッチします。

カメラロール カメラロールで選択

新しいアルバムで管理する写真を全てタッチして、チェックマークがついているのを確認したら、画面下部中央の「追加」にタッチ。画面変移してアルバム一覧になりますので、先ほど作った新しいアルバムにタッチします。

写真のフォルダ選択

商品説明をコピカンLiteで管理

コピカンLite(無料版)に商品説明を登録する。
コピカンLiteの使い方は制作者様のオフィシャルページを参照すると判りやすいと思います。
コピカンLiteマニュアル
Copycan-lite

コピカンとの出会いでメルカリやLINEモールでの再出品がメッチャ楽ちんになりました!ちなみにオヤジは連続コピーに惹かれてコピカン有料版を購入して、メールやチャットで多用しております。


関連記事

Search