人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

生まれて初めての「すき屋」で牛丼を食べてみた…けど

ちょい前にブラック企業とかで話題になっていた「すき家」

牛丼と言えば、個人的には吉野家以外は考えられず、過去に一度も口にしたコトも無く、街中で見かけるだけでしたが、話題になっていたコトと、通勤路にあったコト、帰宅が深夜で腹減り状態だったので、試しに食べて見るコトにしてみた。
すき家 牛丼

馴染みの味が美味しいの基準を痛感

しかーし!
吉野家の牛丼に馴染んだ私にとっては、美味しいとは思わなかった。
異臭というワケじゃナイと思うが、個人的な感想としては、味も香りも独特な感じで、馴染まない…

人の味覚は、過去に口にした味や香りがベースラインとなって、以降の味覚の判断になると聞いたコトがある。
牛丼に関しては、私の味覚は吉野家なのは間違いなく、「すき家」のは別の食べ物だと感じたのかも。まだ、「まつ家」の牛丼の方が馴染める気がした。
まぁ、オヤジになると頑固になるから、味覚にも頑固さが現れたのかも(笑)

ちなみに、スタッフはダラダラしてて、店の雰囲気もイマイチ。会社がブラックなのか?従業員がブラックなのか?って感じがした。ただ、昭和初期のデパートの屋上にあったようなレストラン風な内装で、懐かしい気もしたけど(^^;;

あくまでも、飲食関係で十数年ほどお仕事をさせて頂いた経験があるアラフィフオヤジの個人的な感想なので、「すき家」を誹謗中傷する気はさらさらナイです。お気を悪くした方がいらっしゃったらごめんなさい。

でも、嘘偽りのナイ率直な印象でした。


関連記事

Search

DVD/CDレンタル