人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

極悪がんぼが予想外に面白かった

極悪がんぼ

なんだかんだ言いながら、テレビっ子として育ったオヤジはテレビドラマが大好きだったりするワケで、シーズンごとのほとんどの新ドラマ第一話は、録画予約してから取捨選択するのが習慣になっておりますが、そんな中でお気に入りのメンバーが勢揃いと言ってもイイくらいの極悪がんぼというドラマは、漫画が原作と言うこともあって、楽しみではあったものの期待値としては低く考えておりました。。。がっ、これが意外に面白かった!

やっぱり月9!キャスティングが豪華

我らが山口百恵のご主人さまである三浦友和、ミナミの帝王だった竹内力、小林薫、椎名桔平、宮藤官九郎、宇梶剛士、オダギリジョーなどを揃えて、個人的に好感度の高い仲里依紗、若い男性俳優の中では唯一のお気に入りの三浦翔平を配置してて、ヌカリの無いキャスティング。唯一、主演が好みじゃないのを除けば完璧(笑)

実際に原作漫画は観たこと無いけど、エロオヤジと言われている小林薫のメイクは、きっと原作のキャラクターに近いんだろ~なぁ~と、思わせるような仕上がりで、その他の俳優のキャラクターも漫画を思わせながらも、イイ感じに仕上がっており、ビジュアル面でも楽しめました。

原作漫画も面白そう

原作の漫画は、以前にテレビドラマになった「カバチタレ」と同じ方のようですが、今回のドラマの印象からするとナニワ金融堂をイメージした感じだった。原作では男性が主人公らしいが、ドラマでは女性に変更しているけど、男性のまんまが良かった気もするが、配役となると。。。やっぱり、若い頃の中居くんしか出てこない(笑)

この原作もそうだけど、ナニワ金融道もだし、カイジもだけど、最近の漫画の画風というのか、絵面というのか、オヤジには雑な感じがしてイマイチ触手が動かないのが本当のところだったりする。個人的な理想を言えば、ミナミの帝王のようにVシネマのようなシリーズ展開をDVDでしてくれると嬉しかったりするのに・・・と言うコトで、内容は面白そうで興味もあったりするけど、原作を手にすることは無さそう。でも、若い方々には色んな法律とかも出てくるようだし、広く浅く、そんなのがあるんだね。。。程度の知識に触れる意味では原作を読むのは良いのかも。

個人的な感想

単純に面白さを感じたし、キャスティングも好みの方々で固めてあって、今シーズンのドラマの中では飛びぬけて期待度が高まった第一話だった。確実に毎週楽しみなドラマの一つになると思うし、できれば闇金ウシジマくんのように映画化を期待したいなぁ~って感じております。

それにしても、仲里依紗のスタイルは良かった☆ちなみに主題歌の、氣志團「喧嘩上等」もアゲアゲな気分を盛り上げてくれちゃいます♪
氣志團 喧嘩上等


関連記事

Search