人生の折り返し地点を通り過ぎて半世紀となったオヤジが年金暮らしになる頃に懐かしむ雑記録

menu

ChaiLog

WordPress 4.1.1の更新が出来ない!(カゴヤ・ジャパン)

このブログは、さくらインターネットのサーバーをレンタルし、プランはプレミアム契約でWordPressを使っております。
この他にもいくつかのサイトをWordPressで運営しておりますが、その中には大人なサイト(笑)的な内容のサイトも運営しておりますが、それに関してはカゴヤ・ジャパンでレンタルしたサーバーを利用しております。

カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバー

このカゴヤ・ジャパンでレンタルし始めたのは10年以上前になり、プランに関しては現行には存在しないプランを継続して使用しております。

当初からの契約は「スタンダード40」というプランで、ディスク容量40Gでデータベースは1個、ドメインも1個が無料となっております。現行のプランと比較するとディスクと金額面で条件の良くないプランですが、プラン変更をせずに本日まで継続しております。

悪条件で継続の理由

なぜ、悪条件で継続しているのか?
当然の疑問ですけど、プラン変更をすることで…

  • データを全て自力で新しいサーバーに移動させなければならない
  • サーバー移転を失敗した時に大きな損失を生む
  • ネームサーバーが認識するまでのタイムラグが怖い

私のスキル的には大きな決断が必要だったので、そのままそっとしておいた(笑)

大きな決断!Wordpressのサーバー移転

しかし、少し前にWordPress4.1.1がリリースされて、アップデートをしようと思いましたが、自動更新が出来ないと言う状況に。。。
当初は、プラグインとかテーマを弄り倒しているのが影響してるんだと思っていましたけど、何やら違うように思えてきた。

実は、カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバーは2アカウント契約しており、もうひとつも同様に旧プランの契約。そちらでもWordPressを運用しているのですが、同様に4.1.1にアップデートできないという状況を確認。原因はPHPのメモリ不足の模様。

そう言えば、以前にワードプレスのプラグインで、カレンダー系をインストールしようとした時にメモリ不足でインストールできず、手動でFTPでインストールしましたが、有効化する際にメモリ不足という状況に陥って、諦めた経験があるのを思い出した。

私見としての結論としては、
現行のプランは契約していないので、あくまでも旧プランで言えば、WordPress4.1.1以降のバージョンを運用するには不安がある!と言うこと。

と、なるとプラン変更もしくはサーバー移転を検討する選択肢になるのですが、だったら同様の運用状況で不具合の出ていないさくらインターネットに移してしまった方が安心かも。。。などと考えております。

カゴヤ・ジャパンの優位性

カゴヤ・ジャパン
だからと言って、カゴヤ・ジャパンとの契約を解除して、さくらインターネットに移ると言う事ではありません。カゴヤ・ジャパンのサポートは、過去を振り返っても非常に心強いですし、電話対応も的確。技術面のサポートに関しても素人相手に分かりやすく説明をしてくれる初心者には安心出来る対応であるのは間違いなしです。

なので、WordPressでの運用以外での利用を継続して考えています。でも、メインのコンテンツは移してしまうので、プランは現行の「スタンダード」に変更しようと思っております。

サーバー移転の準備

カゴヤ・ジャパンからさくらインターネットに移転するにあたって、ドメインも変えてしまって301 Redirectが最もリスクの少ない方法だと考えているので、とりあえずトライアルとして、カゴヤ・ジャパンで運営している小規模サイトの移転で試してみたいと思っています。

ここ数カ月、毎日10時間以上もWordPressと向き合う日々が続いているので、きっと出来る!という希望を持って立ち向かおうと思っています(^^)v


関連記事

Search